出産・分娩

当院の分娩は基本的には自然の陣痛発来を待って、自然経過を見ていく自然分娩です。 次の6項目を目標に安全で快適なお産を目指しています。

  1. 母子ともに安全な出産をすること。
  2. 異常の評価と適切な母体、胎児への迅速な対応が取れるようにすること。
  3. 産婦さんに安心感と快適さを与えられるようにすること。
  4. 分娩経過を正確に伝え、自らの力でお産をするという満足感を与えること。
  5. 夫と家族の分娩支援をサポートすること。ご主人の立ち会い分娩(状況によりお断りする場合もございます。)を行っています。
  6. 出産後も母乳を中心とした育児の指導と支援を行うこと。母児同室です。

37週からの健診ではノンストレステストで胎児心拍やお腹の張りをモニタリングし自然の陣痛をまちます。分娩進行中は助産師がサポートしながら進行を注意深く観察いたします。また、分娩の際は医師が立ち会います。状況に応じて誘発・促進分娩、帝王切開などにも対応いたします。
お産後には、授乳、育児、沐浴の方法、退院してからの過ごし方などを個別にお話しておりますので気軽にご相談してください。

ご主人の立ち会い分娩について

当院では、ご主人の立ち会い分娩をご希望によりお受けしております。ご夫婦でよく話し合い、ご夫婦同意の上、立ち会い分娩を希望してください。より安全にお産をしていただくために注意事項を記入した用紙をお渡しします。よくお読みになりご準備・ご理解の程よろしくお願いいたします。また、分娩が同時に重なる場合や、陣痛・分娩進行中に母児に異常が生じ、早急な医療行為が必要な場合は、母児の安全を第一に考え立ち会いをお断りする場合がございます。あらかじめご了承ください。

ページトップへ戻る